まよのぶろぐ

好きなこと好きだけ書いて役立ったらさいこー!

多国語を話せる人の頭の中を覗いてみたい

f:id:mayoo04:20200324143436p:image

 

 

学生の頃、一番得意な教科は英語でした。

でもだからって話せるわけではなくて、ルールを知っているだけ。

 

話す機会もなくて成長もなくこの歳になりましたが、昨年、初めての海外旅行がきっかけでまたやる気が出ました。

 

キャビンアテンダントになりたい!

だとか、

英語の講師になりたい!

だとか、

たくさん夢を膨らませていた時期もありましたが、今はただ、旅行中にたくさんの人とお話してみたい!と思っています。

 

で、そんな私の初めての英語オンリーの会話を記事にまとめてみたいと思います!

たくさんありますが、特に思い出に残っている2つをピックアップしています。

 

どちらもオーストリア🇦🇹でのお話です。

(オーストリアはドイツ語がメインです)

 

美術史美術館

f:id:mayoo04:20200324143421p:image

(ぞうだぞ〜!)

 

この美術館ではウェディングフォトも撮れるんですよ!

なんて話もしたいんですが、また別の記事で紹介したいと思っているので飛ばします…!

 

「どこからきたの?日本?」

チケット購入はなんとなくクリアして、美術館に入り、宝石がならぶフロアを歩いていると、赤いジャケットを着たおじさまが後ろをついてきました。(美術館の方!)

 

「どこからきたの?日本?」

なんてことを英語で聞かれて、

「そうです!旅行できました!」

なんて何となく答えると、彼との会話はトントン進み、

彼の家族構成や、私たちの旅行の目的、また遊びにきなよ、なんて話を何十分かずっと話していました。

 

かたや日本語、かたやドイツ語を普段話しているというのに、この間どちらも英語。

 

彼も英語を勉強中と言っていましたが、圧倒的に私よりうまい、たくさん話してくれる。

childrenが聞き取れなくて、そんな単語知らないよ〜!なんて何度も聞き返したり、RとLを注意されたり。笑

 

初めて長時間英語で人と会話をして、話せる言語が多いほど世界中の人と話せるんだと当たり前のことに気付いたりして。

 

とても楽しい良い経験でした。

「また来年もきなよ!次は一緒にコーヒーでも飲もう」

って言ってくれたけれど、今年はどこの国も大変ですね。

彼が、彼の国が、1日も早く普段通りに戻れるように祈るばかりです。

 

Stadtparkのランチ

f:id:mayoo04:20200324143428p:image

(ドリンクでかい)

 

手前のお料理がカイザーシュマーレンというオーストリアの有名なデザートです。

「これパンケーキですよね?」と一応確認して頼んだら、「パンケーキじゃないです。」とお兄さんは頑なにパンケーキと認めない…!笑

調べるとパンケーキって書いてあるんですけどね。笑

また行ったら食べたいです!!!!!!!

 

脳の処理が適当

さて、オーストリアとなると、新婚旅行も後半。

 

▼新婚旅行(14日間)の行き先はこちら!

https://www.mayochan.online/entry/2019/12/22/185640

 

英語だけは苦手な旦那さんも、支払いの流れを掴み、一人でお会計チャレンジ。

 

店員さん「お支払いは現金・カードどちらにしますか?」

旦那さん「カードで」

店員さん「30ユーロです。いくらお支払いされますか?(チップを含めた金額を訊かれている)」

旦那さん「じゃあ35ユーロで」

 

ふむふむ、もう一人でお会計余裕だな。

海外旅行楽しいな。

 

店員さん「いくらお支払いされますか?」

旦那さん「35ユーロで」

 

…ん?デジャブかな?

 

店員さん「…いくらお支払いされますか?」

旦那さん「…?35ユーロで?」

 

何かがおかしい、何かがおかしい、と頭を抱えて考え捻り出した答えは…

 

 

わたし「すみません!彼日本語で話してました!!!!!」

 

 

つまり、

How much?

三十五ユーロで。

How much?

三十五ユーロで。

と彼らはやりとりをしていたんですが、側から聞いていると意味がわかってしまうせいで、何がおかしいのか分からなかったんです。

 

多言語を話せる人の頭の中を覗いてみたい

バイリンガルやトリリンガル、多国語を話せる方達の脳の処理は一体どうなっているのでしょうか…。

わたしみたいにこれくらいのことで混乱するのか、はたまたすぐに理解できるものなのか…。

 

また次回海外旅行に行った際にたくさんお話できるよう、ひとまず英語の習得を頑張りたいと思います。

英語がいい感じになったらもっとたくさんの言語を習得してみたい!

 

余談

日本国内で、外国人の方にナンパされることがありますが、彼らは基本日本語がペラペラ。

これ、本当に尊敬します。

なんなら、結婚していると言っても、「僕と話していた方が英語の勉強になるよ?」なんて自分のことを勧めてくるw

英語・日本語それぞれを使いこなしているからこその巧みなナンパ。

うまく英語でもあしらえるようになりたいものです。笑

 

 

アルク #トーキングマラソン 特別お題キャンペーン「わたしと英語」

アルク「トーキングマラソン」×はてなブログ 特別お題キャンペーン
by アルク「トーキングマラソン」